トップページ >  企業理念・会社概要・沿革

Philosophy

限りない未来を結ぶ皆さまとの確かな「絆」が、カネヤの誇りです。

1900年(明治33年)創業以来、当社は我が国の繊維ロープの発達と共に成長してまいりました。
言い換えれば、当社の歴史が繊維ロープの歴史といっても過言ではないでしょう。
細い一本の麻紐から始まった顧客の皆様との「絆」は時代を経て、又、技術の革新を重ね、あらゆる分野への各種繊維ロープの生産、供給を通じ、多くの太く、強い「絆」となり、当社は繊維ロープの総合メーカーへと発展してまいりました。

そして現在、当社では、繊維ロープの特性を生かしつつ、顧客の皆様のニーズにこたえるべく、更に高品質なロープの研究に努力する一方で、それらロープのために、当社の独自の技術により開発された「モノフィラメント原糸」を、新たなる素材として商品化し提供しています。モノフィラメント原糸の持つ強さ、しなやかさ、真円性、透明性をより追求し、個々の素材の特性を考えた、より高い機能を持つモノフィラメント原糸の開発を通じ、ロープと同じくモノフィラメント原糸の総合メーカーを目指しています。

さらに21世紀、高度な精密機器を求められる現代社会の要求にこたえ、電子事業部を創設しました。
新しいスタッフをそろえ、電子機器の組み立て、ハーネスの製作などお客様のニーズに合わせた フレキシブルな製造体制を行います。小さなスタートではありますが、この新しい事業が顧客の皆様との「新たなる絆」となり、当社の未来を切り開いてくれるものと確信しております。

Company Prof

企 業 名 カネヤ製綱株式会社
創    業 1900年(明治33年)
設    立 1947年(昭和22年)
資 本 金 7,000万円
代 表 者 代表取締役社長 牧原昇司
従業員数 100名(パート含む)
事業内容 繊維ロープ、モノフィラメント(紡糸)、電子機器の製造販売

品質証明/マネジメントシステム

本社/工場 ISO9001:2015 取得(Intertek:認証番号10202) / 日本海事協会(NK)承認 / PETボトルリサイクル推奨マーク承認
電子事業部 薬事法により医療機器製造業の許可

所在地・アクセス

本社・工場・電子事業部

〒443-0104 愛知県蒲郡市形原町北戸甫井11-1>アクセスマップ

本社・工場 Tel : 0533-57-3151 Fax : 0533-57-3155
電子事業部 Tel : 0533-57-1771 Fax : 0533-57-5912

西尾工場 (2019年2月11日グランドオープン)

〒444-0704 愛知県西尾市鳥羽町入通28>アクセスマップ

Tel : 0563-65-3159 Fax : 0563-65-3153

道東工場の写真が入ります

道東工場

〒088-0117 釧路市音別町朝日2丁目83>アクセスマップ

Tel : 01547-6-2331 Fax : 01547-6-3522

History

1900年(明治33年)
牧原安三郎により創業される
1947年(昭和22年)
法人組織に改組 カネヤ製綱株式会社発足
1956年(昭和31年)
第2、第3工場新設
1958年(昭和33年)
合繊部門発足
1963年(昭和38年)
紡糸部門発足
1965年(昭和40年)
二代目社長 牧原安治就任する
1967年(昭和42年)
愛知クロス協同組合設立
1970年(昭和45年)
道東工場新設 ナイロンモノ生産開始
1973年(昭和48年)
合繊ロープJIS表示許可工場となる
1977年(昭和52年)
自家紡糸の原糸によるNKロープ認定される
1980年(昭和55年)
PE、PPの紡糸機を大幅増設する
1983年(昭和58年)
NYモノ用紡糸機を倍増する
1985年(昭和60年)
試験、研究室を新設する
1987年(昭和62年)
ポリエステルモノの生産を開始する
電子事業部新設
1988年(昭和63年)
クロスロープ機 4台増設
1990年(平成2年)
三代目社長 牧原安孝就任する
1991年(平成3年)
道東第二工場増設する
1992年(平成4年)
12打クロスロープ機新設する
1997年(平成9年)
ペットボトルの再生糸生産開始
PETボトルリサイクル推奨マーク取得
1998年(平成10年)
四代目社長 牧原孝二郎就任する
2015年(平成27年)
五代目社長 牧原昇司就任する
2017年(平成29年)
会長 牧原孝二郎 ロープ業界振興に尽力、旭日双光章を受賞
2017年(平成29年)
経済産業省より、「地域未来牽引企業」に選定される 
2018年(平成30年)
西尾市に新紡糸工場 建設着工(2019年2月11日グランドオープン)